深みのある綺麗なブルーです。モヘアを触るとカシャカシャした触感があり、まさにモミの葉のイメージです。フェルトのお洋服にはモミの葉がチクチクチクチクとリズムよく刺繍されています。モミちゃんはそれがとっても嬉しいのです。三角帽をかぶっているせいか森の小人のようですね。アリエッティの親戚かな。丸いお尻をポコンと出して、トコトコトコと歩く後ろ姿を見ていると、本当に森の中を小さな足で動き回っているかのようです。花や木の間から、いたずらっぽく顔をのぞかせます。どうやらかくれんぼが大好きなようですね。ほら、小さな声が聞こえませんか。
「ねぇ、一緒に遊ぼうよ!」
ドイツでは一年を通して緑の葉が茂るモミの木は生命の象徴として古くから崇められていたそうです。花言葉は、高尚、誠実、永遠、正直。
主幹がまっすぐに伸び、かなりの高さになります。いぃなぁ〜。まっすぐ素直にまっすぐスクスク。大きく大きく大きくなあれ。モミちゃんのように、いつも心を広くのびのびと解放させたいものですね。
  Artists: 日本 ドイツ イギリス FMN ベルギー オランダ ロシア RJW 他
 Antique:  ドイツ  イギリス     Maker: シュタイフ  他メーカー
    お支払い説明     ご注文                  お問合せ

Artist_Title.html20hori2.htmlAr_Germany11.htmlAr_UK63.htmlAr_Canada5.htmlAr_Bel6.htmlAr_Holl12.htmlAr_Russia7.htmlRJW1.htmlO_Artists10.htmlAntique_Title.htmlAn_Steiff10.htmlAn_UK015.htmlSteiff1.htmlSteiff05.htmlhttp://www.unacasa.co.jp/paymentInfo.htmhttp://www.unacasa.co.jp/OrderForm1000.htmmailto:unacasa@unacasa.co.jp?subject=%E3%82%A6%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%81%B8%E5%95%8F%E5%90%88%E3%81%9Bshapeimage_3_link_0shapeimage_3_link_1shapeimage_3_link_2shapeimage_3_link_3shapeimage_3_link_4shapeimage_3_link_5shapeimage_3_link_6shapeimage_3_link_7shapeimage_3_link_8shapeimage_3_link_9shapeimage_3_link_10shapeimage_3_link_11shapeimage_3_link_12shapeimage_3_link_13shapeimage_3_link_14shapeimage_3_link_15shapeimage_3_link_16shapeimage_3_link_17
Order Home ?
  菅原 浩美
 
 『モミノキ』
 
12cm Sold
 
  菅原 浩美
 
 『ワタユキ』
 
12cm Sold
今日から一段と寒くなるそうですね。雪の降るところもあるでしょう。ミゾレかな、アラレかな、ボタン雪かな。できれば綿雪がいいな。だって優しそうだから。触っても冷たくないかもしれないよ。暗いお空の上からダンスをしながら降りてくる。ふかふかしてなんだか美味しそう。空に向かってお口を開けると、お口じゃなくて柔らかいところがいいなと、ホッペにチュっとキスしてくれる。次から次にキスしてくれる。嬉しくなって、いっしょにダンス! ぐっすり眠って目覚めると、窓の外に広がるのはキラキラの銀世界。心が踊って、高く高く飛んで行きそう。綿雪ちゃんからのプレゼントはいつだって優しいなぁ。
   菅原 浩美
 
  『カモミール』
 
 12 cm Sold
カモミールはとても丈夫な草で、踏まれれば踏まれるほど旺盛に育つそうです。花言葉は「逆境に負けない」。このカモミールちゃんの体は柔らかくて触るといい感触です。むぎゅむぎゅ握ると、カシャカシャ音が聞こえます。その音は、一歩一歩踏みしめているような音に聞こえ、負けないよ、一歩一歩少しずつ進んでいけばきっといつか、負けないよ、って言ってくれてるようにも聞こえます。カモミールは一度植えれば来年もこぼれ種で増える可能性があるそうです。お帽子に種がさりげなく自然に編み込まれていて、来年は可愛いお花がもっと咲くといいな、良いことが増えるといいな、作家さんからのさりげないメッセージのように思えます。
首と腕の3ジョイントです。アンヨはお行儀よく揃っています。お座りはがんばったら自力でできますが、どちらかというと手の温もりに包まれる方が好きです。大きいクマさんの足の間に滑り込んだり、長〜い腕の上に寝そべったり、同じくらいの身長の子に寄り添ったりするのも好きです。