川人 修身  Osami Kawahito
お申し込みはこちらまで  Order   Mail
 
 
次のベアのページへ
Home
       『Tony(トニ)』
    
    モヘア  20cm Sold
ヴィンテージの生地(デニムかな)で作ってもらったお洋服。幼い男の子の丸襟のお洋服は本当に愛らしいですね。
ミシンで縫いとめられたポケット。その細かい糸目やさりげない糸筋。縫い目の最後でチョキンと切られた糸。そのすべてがさりげなくって可愛いらしくって、愛おしい気持ちがつのります。
大阪の本町(立売堀)にお店を始めてすぐの頃、以前からお付き合いのあったオランダの作家アンナさんの講習会を店ですることになりました。それに参加くださったのが初めての出会いです。(他にも今では大阪のそうそうたる作家さんたちがご参加くださいました。)今でもよく覚えています。今のスタイルになる前は、ふわふわとした毛並みでニット帽を被っていてやはり今と同じように優しく愛らしいお顔。でもだんだん、本当はもっとアンティークな感じのを作りたい。作ってみたい。でもふわふわした可愛いタイプを求められるし、と少し悶々とされていました。でもやはり作りたいものを作りたい!と自分を貫き今のスタイルに変わっていきました。そしてまもなくやってきたのは、例のテレビドラマ出演依頼。ウナカーザのホームページで川人さんのベアを見た監督さんからの依頼でした。なかなかの審美眼です。単なる小道具ではなく、ちゃんと出演していたところがすごいところです。ただ、明日の撮影までに送ってもらわないと間に合わないからそれができるなら、と無茶振りだったのが運命の分かれ目でしょうか。あれからもう随分経ちますね。今ではもうすっかり日本を代表する超人気カリスマ作家さん。これからも私たちに夢を見させてくださいね。ウナカーザも少しでも伴走させてもらえると嬉しいです。