Lorem ipsum dolor
  Artists: 日本 ドイツ イギリス FMN ベルギー オランダ ロシア RJW 他
 Antique: ドイツ イギリス      Maker: シュタイフ 他メーカー
     お支払い説明     ご注文                      お問合せ

Artist_Title.htmlAr_Japan053.htmlAr_Germany5.htmlAr_UK3.htmlAr_Canada5.htmlhttp://www.unacasa.co.jp/Site/Ar_Bel5.htmlAr_Holl5.htmlhttp://www.unacasa.co.jp/Site/O_Artists3.htmlRJW1.htmlO_Artists11.htmlAntique_Title.htmlAn_Steiff10.htmlAn_UK02.htmlSteiff33.htmlSteiff05.htmlhttp://www.unacasa.co.jp/paymentInfo.htmhttp://www.unacasa.co.jp/OrderForm.htmmailto:unacasa@unacasa.co.jp?subject=%E3%82%A6%E3%83%8A%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%81%B8%E5%95%8F%E5%90%88%E3%81%9Bshapeimage_1_link_0shapeimage_1_link_1shapeimage_1_link_2shapeimage_1_link_3shapeimage_1_link_4shapeimage_1_link_5shapeimage_1_link_6shapeimage_1_link_7shapeimage_1_link_8shapeimage_1_link_9shapeimage_1_link_10shapeimage_1_link_11shapeimage_1_link_12shapeimage_1_link_13shapeimage_1_link_14shapeimage_1_link_15shapeimage_1_link_16shapeimage_1_link_17
Order Home ?
     スザンヌ・トイバー
 
     『エレノア』
 
  28cm  Sold
『私はね、金髪だから一番似合うのは
    ブルーのお洋服だと思うの。』
 
ペンダントには、5歳くらいのドイツの女の子と胸に抱かれたテディベア。
エレノアもきっと5歳くらい。
そして私は、OO歳。大人女子だけど、小さな女の子がテディベアを抱くみたいにエレノアを抱いてみる。とたんに少女の頃にフラッシュバック。しばし時を忘れて。。。
     スザンヌ・トイバー
 
     『リッキー』
 
   50cm  Sold
どっしりしてます。(詰め物は木毛とペレット)もうボクはここから動かないよ、と思っているのでしょうか。ずーとここでキミの
側から離れたくないんだ、って。
足が短いのは、抱いてもらいたいからなのか、側から離れたくない、遠くに行きたくないからか。。
静かで多くを語らないけど、大きな鈴の音が存在を主張しています。そう、ドイツの森は静かだものね。まだ日本語もままならないけど、鈴の音なら気持ちの交信ができるから嬉しいね。
パシッと決めポーズをとるタイプのベアではありません。大人しい静かなクマですが、波立つことなく、静かな時を共有してくれる気がします。
窓から柔らかな光が差し込んで、ブラウンのモヘアの毛がふわぁ〜と浮き立ちました。そのやわらかな色合いに、うわぁ〜すてき〜かわいい〜と思って写真を撮りましたが、全然伝わりませんね。。ご想像におまかせします。
     スザンヌ・トイバー
 
     『ジャック』
 
   60cm  Sold
黒くまさん、黒いけど恐くない。黒くまさん、大きいけど恐くない。黒くまさん、目赤いけど泣いてません。目はブーツボタンアイ。こんなに大きなブーツボタンがあるなんて。もしかして作家さんの手作りかもしれません。
詰め物は、木毛とペレットです。抱き上げる時は重たいけど、背中が大きく広いせいか、重たさを感じないのが不思議。抱っこというより、『抱きしめる』って感じ。ぎゅ〜〜〜と抱きしめられます。小さい子どもをぎゅ〜〜〜と抱きしめる感触です。
 
     スザンヌ・トイバー
 
     『レージィ』
 
   27cm  Sold
ドイツの戦前の古い映画を見ているような気持になります。記録映画みたいな。ブローチの写真がさらに雰囲気を魅きたてるからでしょうか。それだけでなく、ドレスの色、モヘアの色、全体的な色合いが靄にかすんだような、古いグレーのトーンです。長い時間が経って眠りから覚めた女の子でしょうか。それとも写真の中のパパとママの思い出を懐かしんでいるうちに、ノスタルジーというベールがかかったんでしょうか。
目は、ガラスではなく鉛のようです。またはブーツボタンを加工したもののようです。いずれにしても全体の雰囲気に良く合ってます。
おチビさんの方ですが、重みはけっこうあります。